メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一気飲み強要でホスト死亡 運営会社に7390万円支払い命じる 大阪地裁

ホストクラブで飲酒を強要されて死亡した田中裕也さん(遺族提供)

 大阪・ミナミでホストとして働いていた男性(当時21歳)が、多量の酒を一気飲みさせられて急性アルコール中毒で死亡したとして、両親がホストクラブの運営会社などに計約8690万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁は26日、会社に約7390万円の支払いを命じた。酒井良介裁判長は、男性が主任ホストらに暴行を受けて飲酒を強要されたと認定し、会社の使用者責任を認めた。

 死亡したのは田中裕也さん。判決によると2012年4月から「ダイヤモンド」(大阪市中央区、既に解散)が運営していたホストクラブに勤務。同年8月1日朝、店内の通路で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡した。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 東京オリンピック 無観客含む3案を政府検討 「日本は中止判断」英紙が報道

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです