Wi-Fi整備メド立たず どうする東京スタジアム ラグビーW杯全12会場で唯一

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ラグビー・ワールドカップ日本大会で最多の8試合が行われる東京スタジアム(味の素スタジアム)
ラグビー・ワールドカップ日本大会で最多の8試合が行われる東京スタジアム(味の素スタジアム)

 9月20日に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の大会期間中、開幕戦などを行う東京都調布市の東京スタジアム(味の素スタジアム)で、公衆無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」が全12試合会場のうち唯一整備の見通しが立っていない。スマートフォンやタブレットを通じて情報を入手する外国人の来場者らにWi―Fiは欠かせない通信手段で、利便性が懸念される。

 東京スタジアムでは日本がロシアと対戦する開幕戦、準々決勝2試合を含む最多8試合を行うが、現在は来場者が無料で利用できるWi―Fiはない。スタジアムを所有する東京都は2020年東京五輪・パラリンピックに向けWi―Fiの整備を検討しているが、東京都の担当者は「ラグビーW杯の開幕に間に合わせることを議論の前提としていない」と説明している。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文787文字)

あわせて読みたい

注目の特集