メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小平奈緒「究極の滑り」で世界記録更新狙う

金メダルを手に笑顔を見せる小平奈緒=羽田空港で2019年2月26日午後4時22分、浅妻博之撮影

 スピードスケートの世界スプリント選手権の女子で2年ぶり2度目の総合優勝を遂げた小平奈緒(相沢病院)が26日、羽田空港に帰国した。3月9、10日にあるワールドカップ(W杯)最終戦で500メートルの世界記録(36秒36)更新を目標に掲げ、「究極の滑りを目指したい」と宣言した。

 小平は今大会、1月に痛めた左股関節について「スピードが入って体が対応しきれなかった」と明かした。W杯最終戦…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  2. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです