メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラリア

米ベンチャー、ワクチン治験 日本人CEO「世界の命救える」

マラリアのワクチン候補薬の仕組みについて説明する「VLPセラピューティクス」のCEO、赤畑渉さん=米国メリーランド州の同社で

 日本人研究者が創業した米国メリーランド州の創薬ベンチャー「VLPセラピューティクス」が、マラリアの感染を防ぐワクチン候補薬の安全性や効果を確かめる臨床試験(治験)を米国内で始めた。創業者の一人で最高経営責任者(CEO)の赤畑渉さん(45)は「世界の人口の約半数に感染のリスクがある病気で、実用化されれば多くの命を救えるかもしれない」と話す。【須田桃子】

 米食品医薬品局(FDA)が1月に許可した。5月から30人に候補薬を3回ずつ投与し、感染時に速やかに…

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです