メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラリア

米ベンチャー、ワクチン治験 日本人CEO「世界の命救える」

マラリアのワクチン候補薬の仕組みについて説明する「VLPセラピューティクス」のCEO、赤畑渉さん=米国メリーランド州の同社で

 日本人研究者が創業した米国メリーランド州の創薬ベンチャー「VLPセラピューティクス」が、マラリアの感染を防ぐワクチン候補薬の安全性や効果を確かめる臨床試験(治験)を米国内で始めた。創業者の一人で最高経営責任者(CEO)の赤畑渉さん(45)は「世界の人口の約半数に感染のリスクがある病気で、実用化されれば多くの命を救えるかもしれない」と話す。【須田桃子】

 米食品医薬品局(FDA)が1月に許可した。5月から30人に候補薬を3回ずつ投与し、感染時に速やかに…

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです