メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パーヴォ・ヤルヴィ

音楽が人を一つに N響首席指揮者、母国エストニアの楽団率い公演

NHK交響楽団主席指揮者のパーヴォ・ヤルヴィ=大阪市北区で、田中博子撮影

 NHK交響楽団首席指揮者のパーヴォ・ヤルヴィが母国・エストニアで創設した「エストニア・フェスティバル管弦楽団」と4月、初の来日ツアーを実施する。「エストニアという小国を世界に紹介することは私の使命。日本の人々の好奇心をかきたてる音楽を届けたい」と話す。

 同楽団は2011年、ヤルヴィがエストニアのリゾート地、パルヌで開催する夏の音楽祭のために創設した。演奏家育成が最大の目的で、楽団員の構成は自国の若手と欧州のトップ奏者が半数ずつ。若手がベテランの隣で演奏しながら学べる環境にしている。「私は17歳までエストニアで過ごしたが、その後はほとんど外国暮らし。このオケは母国に恩返しをする場」と話す。

 プログラムの中心は、フィンランドの作曲家、シベリウスの交響曲第2番とバイオリン協奏曲。「北欧音楽は…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです