メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パーヴォ・ヤルヴィ

音楽が人を一つに N響首席指揮者、母国エストニアの楽団率い公演

NHK交響楽団主席指揮者のパーヴォ・ヤルヴィ=大阪市北区で、田中博子撮影

 NHK交響楽団首席指揮者のパーヴォ・ヤルヴィが母国・エストニアで創設した「エストニア・フェスティバル管弦楽団」と4月、初の来日ツアーを実施する。「エストニアという小国を世界に紹介することは私の使命。日本の人々の好奇心をかきたてる音楽を届けたい」と話す。

 同楽団は2011年、ヤルヴィがエストニアのリゾート地、パルヌで開催する夏の音楽祭のために創設した。演奏家育成が最大の目的で、楽団員の構成は自国の若手と欧州のトップ奏者が半数ずつ。若手がベテランの隣で演奏しながら学べる環境にしている。「私は17歳までエストニアで過ごしたが、その後はほとんど外国暮らし。このオケは母国に恩返しをする場」と話す。

 プログラムの中心は、フィンランドの作曲家、シベリウスの交響曲第2番とバイオリン協奏曲。「北欧音楽は…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです