特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

輝け光星’19センバツ

選手紹介/7 畑垣聖外野手/大野僚磨内野手 /青森

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
八戸学院光星の畑垣聖外野手=青森県八戸市の同校で、北山夏帆撮影 拡大
八戸学院光星の畑垣聖外野手=青森県八戸市の同校で、北山夏帆撮影

 <第91回選抜高校野球>

機会待つ左の代打 畑垣聖外野手(2年)

 身長175センチ、体重86キロと、パワーのある肉体から放たれる一打は、芯を捉えると強烈だ。練習はきついが、「あの捉えた時の感覚が気持ちいいから、苦しくても野球はやめられない」と笑う。

 ある日の打撃練習。「(ミートの瞬間に)力が抜けてるぞ!」と小浜コーチに一喝され、ひたすらバットでサンドバッグを打って感覚を確認していた。厳しい一喝は「左の代打として育てたい」というコーチ陣らの期待があるからこそだ。

 和歌山県出身。昨夏の甲子園で光星が敗れた龍谷大平安(京都)など、センバツ出場校には、中学時代の同級生が何人もいる。「スタメンの選手ばかりで悔しい。代打はチャンスで回ってくる。負けたくない」と対戦を心から待ち望んでいる。

八戸学院光星の大野僚磨内野手=青森県八戸市の同校で、北山夏帆撮影 拡大
八戸学院光星の大野僚磨内野手=青森県八戸市の同校で、北山夏帆撮影

努力家の地元っ子 大野僚磨内野手(2年)

 根っからの地元っ子だ。階上町から「甲子園に行きたい」一心で光星の門をたたいた。身長164センチ、体重60キロと小柄だが、この冬、ベンチプレスは目標だった80キロを上げるようになった。

 きちょうめんで、丁寧な守備と、単打やバントを着実に重ねる堅実な野球が強み。「規律を守り、努力家で一生懸命」と、仲井監督は4人いる副主将の一人に任命した。

 その真面目さは一塁コーチャーでも発揮されている。寮が同室の主将・武岡は「相手投手の癖を細かく観察し、ランナーごとに歩幅を考えて『もう一歩』などと助言をくれる」と信頼を寄せる。

 一塁コーチャーは代走の役割も求められる。「どんな形でも試合に出て貢献したい」。その準備はできている。=つづく

次に読みたい

あわせて読みたい