メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

砂防林保全

JTなど4者協定 地域交流の場に 鶴岡 /山形

 鶴岡市北西部の海岸砂防林約25ヘクタールの保全・整備に向けて、日本たばこ産業(JT)と県、同市、下川生産森林組合(同市)は25日、協定を結んだ。第3期となる2019年度からの5年間では、深刻化するマツクイムシ被害対策などに取り組むほか、県森林研究研修センター(寒河江市)が選抜・育成した抵抗性のあるマツの植栽などを…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです