メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校入試

公立高志願状況 一般は0.94倍 過去10年で最低 /山形

 県教育委員会は26日、2019年度公立高校一般入試志願状況を発表し、全日制(42校99学科)の平均倍率は前年度比0・04ポイント減の0・94倍で2年連続1倍を下回り過去10年で最も低くなった。定員6207人に対する志願者数は5849人。

 寒河江・普通科探究コースは3・18倍で2年連続で倍率が最も高かった。続いて山形東・探究科2・54倍▽新庄北・普通科探究コース2・35倍▽酒田東・探究科2・13倍▽長井・…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  2. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  3. 少年野球のバス、土手から転落 19人が軽いけが 福岡・うきは市

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです