メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒河道

外国人観光客を 大阪の専修学校生らアイデア提案 橋本 /和歌山

高野紙を使ったデザインについて説明する大阪市立デザイン教育研究所の学生たち=和歌山県橋本市の県伊都振興局で、松野和生撮影

 専修学校・大阪市立デザイン教育研究所(同市阿倍野区)の学生たちが、映像や造形などのデザイン手法を駆使して世界遺産の高野参詣道「黒河道(くろこみち)」に外国人観光客を呼び込むためのアイデアを地元関係者らに提案した。

 同研究所は産学・地域連携を柱にデザイナーを育成。主要カリキュラム「地域プロジェクト」の一環として2017年度からは、地域資源の活用と高野参詣道への外国人誘客をテーマに学生たちがデザイン探究に取り組んで…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 国内感染、新たに74人確認で計1万7504人 死者は6人増の計903人

  4. 韓国で検察vs与党に発展か 元慰安婦支援団体の前理事長、横領疑惑を否定 

  5. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです