メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県警 323人が異動 災害、テロ対処能力強化 /広島

 県警は26日、警部以上の警察官と所属長級以上の一般職員計323人(退職39人)の3次異動を発表した。発令は一部を除き3月11日付。西日本豪雨災害などを受け、警備課に昨年設置した危機管理室を課長以下10人の「危機管理課」に格上げ。大規模災害やテロに対処する能力を強化する。また、死亡事故やひき逃げ事件に早期対応するため、交通指導課に3交代制の交通機動捜査係を新設する。【小山美砂】

 ◆昇任警視長 総務部長(生活安全部長)池田泰明

この記事は有料記事です。

残り2950文字(全文3164文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです