メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱延期強まる 「合意なき」否決後 首相、方針転換

 【ロンドン矢野純一】英国のメイ首相は26日、欧州連合(EU)との離脱合意案を英下院で3月12日までに可決できなければ、2日後の14日にも離脱の延期を決める採決を行うことを明らかにした。メイ氏の新方針は今月27日に下院で採決にかけられる。これまで離脱延期を否定していたメイ氏の方針転換により、EUとの今後の協議が不調に終わった場合、予定されている3月29日の離脱は延期される可能性が高まった。

 メイ氏の新方針は、EUと3月12日までに新たな離脱合意案を作成した上で、下院で可決されなければ、翌13日に「合意なき離脱」を受け入れるかどうかの採決をまず行う。議員の大半は「合意なき離脱」に反対しており、この案が否決されれば、14日に離脱期限の延期を求める採決を行う。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  2. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  3. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 富山知事選、新人の新田八朗氏が現職らを破り当選 半世紀ぶりの保守分裂制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです