メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱延期強まる 「合意なき」否決後 首相、方針転換

 【ロンドン矢野純一】英国のメイ首相は26日、欧州連合(EU)との離脱合意案を英下院で3月12日までに可決できなければ、2日後の14日にも離脱の延期を決める採決を行うことを明らかにした。メイ氏の新方針は今月27日に下院で採決にかけられる。これまで離脱延期を否定していたメイ氏の方針転換により、EUとの今後の協議が不調に終わった場合、予定されている3月29日の離脱は延期される可能性が高まった。

 メイ氏の新方針は、EUと3月12日までに新たな離脱合意案を作成した上で、下院で可決されなければ、翌13日に「合意なき離脱」を受け入れるかどうかの採決をまず行う。議員の大半は「合意なき離脱」に反対しており、この案が否決されれば、14日に離脱期限の延期を求める採決を行う。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. 答弁訂正は「言葉が不正確」、クルーズ船対応は「一生懸命やった」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです