メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解説

急浮上した体罰禁止 改正法案、首相官邸の意向も

 政府がまとめた児童福祉法と児童虐待防止法の改正案概要は、冒頭に「子どもの権利擁護」を掲げ、「体罰禁止」も明記した。政府は昨年から改正案の準備を進めてきた。当初は児童相談所(児相)の体制強化に主眼を置いていたが、今年1月に千葉県野田市で栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)が亡くなる事件が起き、政治に押される形で盛り込んだのが実情だ。

 厚生労働省が当初想定していたのは、児相が持つ「介入」と「支援」の機能分化や、弁護士・医師の配置強化…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文882文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  5. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです