メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

遅刻した大臣=福本容子

 <sui-setsu>

 「大臣の3分遅刻で怒りの渦」。先日、そんな見出しの記事をイギリスBBCのニュースサイトで見つけた。

 桜田義孝五輪担当相のことだ。衆院予算委員会に3分遅れ、野党の猛非難に遭って審議が5時間中断した件である。これまでの問題発言なども淡々と紹介していた。

 記事では触れていなかったけれど、実は1年前、イギリスでも大臣の遅刻がニュースになったことがある。上院(貴族院)議員で国際開発担当相(閣議には出ない閣外相)のマイケル・ベイツさん(57)だ。

 遅刻は1分。政府側の答弁者だったが、遅刻のため代理が急きょ答えた。すると到着したベイツさんは答弁席…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. スカーレット ヒロイン幼少時代は「みいつけた!」3代目スイちゃんの川島夕空
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです