メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

遅刻した大臣=福本容子

 <sui-setsu>

 「大臣の3分遅刻で怒りの渦」。先日、そんな見出しの記事をイギリスBBCのニュースサイトで見つけた。

 桜田義孝五輪担当相のことだ。衆院予算委員会に3分遅れ、野党の猛非難に遭って審議が5時間中断した件である。これまでの問題発言なども淡々と紹介していた。

 記事では触れていなかったけれど、実は1年前、イギリスでも大臣の遅刻がニュースになったことがある。上院(貴族院)議員で国際開発担当相(閣議には出ない閣外相)のマイケル・ベイツさん(57)だ。

 遅刻は1分。政府側の答弁者だったが、遅刻のため代理が急きょ答えた。すると到着したベイツさんは答弁席に立って謝罪するなり、辞意を表明し退場してしまった。驚きの議場は「辞めないで」の意味の「ノー!」に包まれた。

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです