メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

渡辺明さん=5期ぶりに王将位に復位した

 第68期王将戦七番勝負で4連勝し、5期ぶりの王将位を獲得した。「この2カ月で『成果』を残したい。勝率が良くても、成果がないと駄目」。第1、2局を連勝した後の2月初旬、自らに言い聞かせるように取材に答えた。王将戦と並行して、防衛を懸けた棋王戦五番勝負も始まっていた。

 史上4人目の中学生棋士としてデビュー。羽生善治九段(48)に代わる次世代のエースとして注目され、竜王戦を中心にタイトル戦で活躍した。しかし、名人戦順位戦では名人への挑戦権を争うA級にたどり着くまで10年を要し、挑戦者に一度もならないうちに昨年3月、B級1組に降級して…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  3. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  4. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです