メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稲盛財団

若手研究者に1人1億円 10年間助成、新制度

記者会見した井村裕夫・稲盛財団会長(左)、小林誠・高エネルギー加速器研究機構特別栄誉教授(左から3人目)ら=東京都の文部科学省で25日

 稲盛財団(京都市)は25日、基礎研究に従事している若手研究者に1人あたり計1億円を助成する新しいプログラムを作ったと発表した。基礎研究は成果が出るまで長い時間がかかるため、代表的な研究費である文部科学省の科学研究費補助金(科研費、最長7年)よりも長く、10年にわたって助成するのが特徴。2020年度から助成を始める。

 「稲盛科学研究機構(InaRIS)フェローシッププログラム」。主要な大学や研究機関に所属する50歳…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです