メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 昨年4月の診療報酬改定で新設された。胎児に悪い影響を与える医薬品を避けるなど処方や診療に専門的な知識が必要だとして医療機関への報酬を加算する。このため、妊婦は初診と再診で自己負担が増えた。コンタクトレンズの処方など妊娠と関係のない診療で加算する例などに対し、ネットを中心に批判が集中。自民党内でも問…

この記事は有料記事です。

残り74文字(全文224文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです