メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

子宮頸がん検査で「異形成」=答える人・NTT東日本関東病院(産婦人科)近藤一成医長

近藤一成医長

 Q 子宮頸がん検査で「異形成」

 娘(29)がおりものが多く、子宮頸(けい)がんの検査で「中等度異形成の細胞がある。経過観察を」と言われました。他の医師に診せた方がよいでしょうか。(福島県、女性)

 A 中等度「経過観察」は妥当

 子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで起こります。ウイルスには150以上の型があり、そのうち15種類ががんになるリスクが高い型です。HPVはありふれたウイルスで、性交経験のある男女なら誰でも感染の可能性があります。多くは一時的な感染ですが、持続感染をした場合、子宮頸部表面の細胞に異常な細胞が増えてきます。これが「異形成」です。

 異形成は子宮頸がんに進行する前の状態で、軽度、中等度、高度の3段階で進行します。それぞれがんになる…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文864文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  4. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです