メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

子宮頸がん検査で「異形成」=答える人・NTT東日本関東病院(産婦人科)近藤一成医長

近藤一成医長

 Q 子宮頸がん検査で「異形成」

 娘(29)がおりものが多く、子宮頸(けい)がんの検査で「中等度異形成の細胞がある。経過観察を」と言われました。他の医師に診せた方がよいでしょうか。(福島県、女性)

 A 中等度「経過観察」は妥当

 子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで起こります。ウイルスには150以上の型があり、そのうち15種類ががんになるリスクが高い型です。HPVはありふれたウイルスで、性交経験のある男女なら誰でも感染の可能性があります。多くは一時的な感染ですが、持続感染をした場合、子宮頸部表面の細胞に異常な細胞が増えてきます。これが「異形成」です。

 異形成は子宮頸がんに進行する前の状態で、軽度、中等度、高度の3段階で進行します。それぞれがんになる…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  2. 大津園児死傷事故 逮捕当日釈放の62歳女性書類送検
  3. 遺体 海上に乳児 母親か、近くに女性遺体も 青森 /青森
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです