メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Stand・by・you!そばにいるよ

地域で、長い目で、回復見守る 県庁勤務の保健師・岸下洸一朗さん(30)

岸下洸一朗(こういちろう)さん

 看護師は男性の割合が約7%。同じ国家資格の保健師は男性が増加傾向にあるとはいえ、約2%しかいない。埼玉県庁で働く男性保健師は5人で、その中の最年長だ。

 大学の看護学部にいた時、他学部の「まちづくり論」を受講して商店街活性化などを学び、行政に興味を持った。病院実習では、出会った子どもたちの退院後の生活も気になった。「地域で、長い目で、回復を見守ることができる」と、保健師になろうと決めた。

 就職し、最初に配属されたのは保健所。結核患者の自宅を訪ね、薬をそろえていた際、患者に「一緒にやりま…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 大船渡の163キロ右腕・佐々木はロッテが交渉権 最多4球団が競合

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです