プロ野球

球春・キーマンに聞く 定位置、獲得に気迫 京田陽太内野手 中日・24歳

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
内野守備の練習に臨む中日・京田
内野守備の練習に臨む中日・京田

 各球団の「キーマン」の今季にかける思いを紹介する。今回は、中日の京田陽太内野手(24)。「ミスタードラゴンズ」こと高木守道元監督の現役時代の背番号1を託されたプロ3年目は、ドラフト1位新人、根尾昂内野手(大阪桐蔭高)との遊撃の定位置争いが注目されている。「過去2年は『使ってもらった』立場。自分の力でポジションを取る」とアピールを続けている。【聞き手・梶原遊】

 --プロ2年目の昨季、打率2割3分5厘とふるわなかった。オフシーズンから意識してきたことは?

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文654文字)

あわせて読みたい

ニュース特集