メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

球春・キーマンに聞く 定位置、獲得に気迫 京田陽太内野手 中日・24歳

内野守備の練習に臨む中日・京田

 各球団の「キーマン」の今季にかける思いを紹介する。今回は、中日の京田陽太内野手(24)。「ミスタードラゴンズ」こと高木守道元監督の現役時代の背番号1を託されたプロ3年目は、ドラフト1位新人、根尾昂内野手(大阪桐蔭高)との遊撃の定位置争いが注目されている。「過去2年は『使ってもらった』立場。自分の力でポジションを取る」とアピールを続けている。【聞き手・梶原遊】

 --プロ2年目の昨季、打率2割3分5厘とふるわなかった。オフシーズンから意識してきたことは?

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  4. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです