メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州電力

家庭向け電気料金、1.09%値下げ 西部ガス対抗へ

 九州電力は26日、一般家庭向け電気料金を4月1日に平均1・09%値下げすると発表した。企業向けも同日から値下げし、全体の値下げ率は1・3%程度となる。値下げは2008年9月以来、10年7カ月ぶり。原発再稼働などに伴うコスト削減で、値下げが可能と判断した。西部ガスも4月以降に対抗値下げに踏み切る方針で、九州での顧客獲得競争が激しさを増しそうだ。

 九州域内の全契約にあたる約840万件が対象で、加入世帯が最も多い「従量電灯B」などのプランを改定す…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 新型肺炎、緊急事態か協議 WHO委員会始まる

  4. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです