メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「甘すぎる」「ひどい」野党一斉に批判 監察委報告書 勤労統計問題

毎月勤労統計の不正調査問題で追加報告書を提出後、記者会見する特別監察委員会の樋口美雄委員長(中央)ら=厚生労働省で2019年2月27日午後2時33分、宮間俊樹撮影

 厚生労働省の特別監察委員会が27日に公表した毎月勤労統計の不正調査問題に関する追加報告書に対し、野党は「身内に甘すぎる」と一斉に批判した。組織的隠蔽(いんぺい)は否定できないとして、報告書の疑問点を国会で追及する構えだ。

 報告書で監察委は、厚労省の担当課職員らが不正調査を「意図的に隠したとまでは認められない」と判断。意図がないので隠蔽もないという結論を導き出した。一方で不正の背景を「課という組織としての独自の判断または怠慢」と指摘した。

 これについて立憲民主党の逢坂誠二政調会長は「それを認めながら、組織的ではないというのはひどい。全部…

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです