風力発電機市場 日本勢は“不在” 発電機の大型化競争で欧米勢に取り残され

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ベルギーの洋上風力発電機=三菱重工業提供
ベルギーの洋上風力発電機=三菱重工業提供

 世界で拡大する風力発電機市場で、日本企業が事実上、不在の状況になっている。国内有力メーカーだった日立製作所が先月、風力発電機の自社生産からの撤退を表明。三菱重工業、日本製鋼所なども既に事業継続を事実上、断念している。発電機の大型化競争で欧米勢に取り残されたためで、世界の需要を取り込めない状態となっている。

 日立は1月下旬、風力発電機の生産から撤退すると発表した。世界では、建設の制約の少ない広い平地や洋上を中心に、発電量あたりのコストが安い大型発電機が主流になっている。日立はこれまで、建設に適した地域が少ない国内で風力発電事業を展開。昨年の台湾での発電機受注を手始めに海外展開を狙った。しかし、既に大型発電機の市場拡大が進む欧州のメーカーが開発で先行。日立は台風に耐えられる発電機などを開発したが、大型…

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1450文字)

あわせて読みたい

注目の特集