24時間営業の短縮 セブン、加盟店オーナーとの団体交渉に応じず 「労使関係ない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「コンビニ加盟店ユニオン」の酒井孝典執行委員長=東京都千代田区で2019年2月27日、藤渕志保撮影
「コンビニ加盟店ユニオン」の酒井孝典執行委員長=東京都千代田区で2019年2月27日、藤渕志保撮影

 東大阪市のコンビニエンスストア「セブン―イレブン東大阪南上小阪店」が、24時間営業の短縮を巡り、本部と対立している問題で、全国のフランチャイズ(FC)コンビニオーナーらで組織する「コンビニ加盟店ユニオン」は27日、セブン―イレブン・ジャパンに対し、短縮の条件を協議する団体交渉の申し入れを行った。

 セブンのFC契約では加盟店との「特別な合意」があれば営業時間の短縮を認めているが、具体的な条件を明記していない。このためユニオンはセブンに対し、「社会的な人手不足で加盟店は危…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

あわせて読みたい

注目の特集