メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝会談ホストのベトナム、トランプ氏に「恩」を売る 米ボーイング社航空機100機購入契約も

会談で握手を交わすトランプ米大統領(左)とベトナムのグエン・フー・チョン共産党書記長。後ろは「ベトナム建国の父」ホー・チ・ミンの像=ハノイで27日、AP

 【ハノイ西脇真一】ベトナムの首都ハノイで27日、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長による米朝首脳会談に合わせ、トランプ氏とグエン・フー・チョン共産党書記長兼国家主席の米ベトナム首脳会談も開かれた。南シナ海で中国と領有権争いを抱えるベトナムは、今回の米朝首脳会談を米国との関係を強化する絶好の機会として最大限に活用している。

 会談後、米ベトナムの両首脳が見守る前で、米ボーイング社は航空機100機をベトナムの航空会社に売却する総額約127億ドル(約1兆4000億円)の契約を結んだ。ロイター通信によると、トランプ氏はこうした契約についてベトナム側に感謝の意を表したという。

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 光秀の先祖? 「明智」姓が記された鎌倉時代の古文書発見 岐阜・多治見

  4. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  5. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです