メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国のEU離脱延期でも楽観できない英・EU間の合意

メイ英首相=AP

 【ブリュッセル八田浩輔】3月29日に予定された英国の欧州連合(EU)離脱が延期される可能性が高まった。しかし北アイルランド国境問題を巡る英・EU間の隔たりは大きく、英国のメイ首相が26日に示唆した最長3カ月の延期期間での妥結は楽観できない。現状では「合意なき離脱」のリスクが先送りされたに過ぎない。

 EU側では今月に入り、「離脱延期は合理的」(トゥスク欧州理事会常任議長)など延期容認論が広がっていた。来月29日の離脱日がさし迫る中、最悪のシナリオである合意なき離脱を回避するため、延期に慎重な姿勢を崩さなかったメイ首相の外堀を埋める意図もあった。

 離脱予定日は、EU基本条約に基づき、英国が離脱を正式通知した日から2年後と定められた。これを延期する場合、まず英国が申請し、英国を除く全27EU加盟国が首脳レベルで同意することが必要だ。英国が3月14日の下院審議をふまえて正式に延期申請をすれば、21、22日にブリュッセルで開催されるEU首脳会議が協議の場となる。

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです