メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国のEU離脱延期でも楽観できない英・EU間の合意

メイ英首相=AP

 【ブリュッセル八田浩輔】3月29日に予定された英国の欧州連合(EU)離脱が延期される可能性が高まった。しかし北アイルランド国境問題を巡る英・EU間の隔たりは大きく、英国のメイ首相が26日に示唆した最長3カ月の延期期間での妥結は楽観できない。現状では「合意なき離脱」のリスクが先送りされたに過ぎない。

 EU側では今月に入り、「離脱延期は合理的」(トゥスク欧州理事会常任議長)など延期容認論が広がっていた。来月29日の離脱日がさし迫る中、最悪のシナリオである合意なき離脱を回避するため、延期に慎重な姿勢を崩さなかったメイ首相の外堀を埋める意図もあった。

 離脱予定日は、EU基本条約に基づき、英国が離脱を正式通知した日から2年後と定められた。これを延期す…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文913文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  4. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです