軍機撃墜、空爆…印パ、核保有国同士の報復合戦

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューデリー松井聡】パキスタン軍は27日、インドとの係争地カシミール地方の実効支配線を越えてパキスタン領空内に侵入してきたインド軍機2機を撃墜したと発表した。撃墜に先立ち、同地方のインド支配地域で空爆を実施したとも主張した。インド軍が26日にパキスタン北東部を空爆したことへの対抗措置とみられる。核保有国同士の報復合戦に発展しており、緊張が高まっている。

 パキスタンのカーン首相は27日、テレビ演説し「状況がエスカレートすれば、私や(インドの)モディ首相にも制御できなくなる」と述べ、モディ氏に対して事態収束に向けた対話を呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文877文字)

あわせて読みたい

注目の特集