メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死亡事故、歩道橋が「死角」に 再度の要請で大阪市が撤去へ

自転車衝突事故のイメージ

 大阪市東住吉区の歩道で昨年10月、自転車同士の衝突後に車道側に転倒した会社員の女性(50)が、トラックにひかれて死亡する事故が起きた。歩道の中央には歩道橋の階段があり、現場は見通しが悪い「死角」になっていた。この歩道橋を巡っては、7年前にも地元が危険性を指摘し、市に撤去を求めていたが、そのまま残された。事故後の再要請を受け、市は撤去を決めた。

 大阪府警東住吉署によると、事故は昨年10月16日早朝に発生。自転車に乗っていた会社員の男性(26)が、歩道橋階段の手前で右側へ急に曲がってかわした。その直後、自転車で対向してきた女性と衝突。現場にガードレールはなく、車道側に倒れた女性は10トントラックにひかれて死亡した。

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです