メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーで南北に懸け橋 在日コリアン元Jリーガー「平和な未来を子供たちに」

朝鮮半島の平和への思いを語る安英学さん=横浜市神奈川区で2019年2月23日、和田大典撮影

 ベトナム・ハノイである2回目の米朝首脳会談(27~28日)の行方を、特別な思いで見つめる在日コリアンの元Jリーガーがいる。安英学(アン・ヨンハ)さん(40)。日本で生まれ育ち、北朝鮮代表、韓国Kリーグと、サッカーを通じて分断が続く北と南に橋を懸けてきた。「自分には日本も朝鮮も韓国も大切な国。子供たちの未来のためにも前に進んでほしい」。会談が平和への一歩となることを期待する。

 岡山県倉敷市生まれで、朝鮮籍の在日3世。5歳で家族と上京し、朝鮮学校でサッカーに夢中になった。立正…

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです