メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「大沼だんご」車内販売終了へ 明治38年駅売りからの歴史に幕 JR函館線

「うちは鉄道とともにあった」と振り返る堀口慎哉さん、直美さん夫婦=北海道七飯町大沼町の「沼の家」で

 JR北海道が今月末、経費削減を理由に車内販売を終了する。函館線の札幌―函館間で販売される北海道七飯町大沼町の「元祖大沼だんご」は、1905(明治38)年の創業以来、駅売りに車内販売と、鉄路とともに歴史を重ねてきた存在。だんごを製造・販売する「沼の家」の4代目社長、堀口慎哉さん(62)は「うちの始まりの一端は鉄道。やはり車内販売がなくなるのは残念だし、寂しいね」と、ひとつの時代の終わりを惜しんでいる。【山田泰雄】

 大沼だんごは、串に刺さない一口サイズのだんごをみたらしやこしあんとともに、駅弁形式の折り詰めにした…

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  5. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです