メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「『いじり』は子供傷つける『いじめ』」山口・周南高2自殺で両親、県教委に申し入れ

申し入れの場で生徒の両親(手前)に謝罪する山口県教育委員会の担当者ら=山口市の県庁で2019年2月27日午後2時48分、真栄平研撮影

 山口県周南市で県立高2年の男子生徒(当時17歳)が自殺した問題で「県いじめ調査検証委員会」が一部教員にも「いじめに類する行為」があったと認定したことを受けて、生徒の両親が27日、県教委に申し入れ書を提出した。両親は「『いじり』は子供を傷つける『いじめ』という認識を徹底してほしい」とし、いじめ対策の推進などを求めている。

 生徒は2016年7月に市内の駅で列車にはねられ死亡。両親の要望を受けて再調査した検証委が今月5日に県に提出した報告書では、一部教員が授業中に生徒の名前を不必要に連呼したなど五つの言動を「いじめに類する行為」と認定した。

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです