がん細胞を攻撃する「キラーT細胞」 働きが悪くなる仕組みを解明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
キラーT細胞の働きが悪くなる仕組み
キラーT細胞の働きが悪くなる仕組み

 がん細胞を攻撃する免疫細胞「キラーT細胞」の働きが悪くなる仕組みを解明したと、吉村昭彦・慶応大教授(免疫学)ら日米の共同チームが28日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表する。働きの落ちたキラーT細胞を薬剤などで再び活性化できれば、がんの新たな治療法につながるとしている。

 体内のキラーT細胞は、がんを攻撃し続けるうちに徐々に攻撃力が弱まることが知られている。チームは働きの落ちたキラーT…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

あわせて読みたい

注目の特集