メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「彼は自分だったかも」同性愛暴露訴訟、一橋大・サークル活動で支援

駅構内で談笑する山内浩平さん(左)と三ケ尻拓郎さん=東京都千代田区で2019年2月21日午後8時8分、加藤栄撮影

 2015年8月に校舎から転落死した一橋大法科大学院の男子学生(当時25歳)の両親が、同性愛者であると同級生に暴露されたことに対し大学が適切に対応しなかったため亡くなったとして、大学に損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(鈴木正紀裁判長)は27日、請求を棄却した。裁判で学生の死を知った16年8月、性的少数者(LGBTなど)の居場所作りの活動を始めた同大4年の学生2人は「絶望を感じる学生がもう二度と出ないように」と願う。【加藤栄】

 「彼は自分だったかもしれない」。ともに性的少数者で、当時2年生の三ケ尻拓郎さん(23)と山内浩平さ…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです