「救える命を救うため…」 ドナー、なぜ増えぬ 初の脳死移植から20年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
脳死による臓器提供者数の推移
脳死による臓器提供者数の推移

 臓器移植法に基づき、脳死と判定された人から初めて心臓などの臓器が移植されてから、28日で20年になった。脳死からの臓器提供者は増加傾向にあり、計570人を超えた。しかし、移植を待つ患者に対して提供者は少なく、海外と比べて低水準が続く。専門家は「救える命を救うため、提供を増やす対策が必要だ」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1557文字)

あわせて読みたい

注目の特集