メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神宮球場と秩父宮ラグビー場の場所を入れ替えて再整備 基本協定締結

神宮外苑の再開発計画

 神宮球場と秩父宮ラグビー場の場所を入れ替えて再整備する神宮外苑地区(東京都新宿区など)の再開発の基本協定が、主要な地権者間で結ばれた。2020年東京五輪・パラリンピックの翌21年に着工し、31年に完了する見通しで、それぞれ建設費は200億円程度を見込んでいる。

 関係者によると、協定は25日付で、神宮球場を所有する明治神宮、秩父宮ラグビー場を所有する日本スポーツ振興センター(JSC)、伊藤忠商事、三井不動産の4者が結んだ。事業は解体期間の空白をなくすことで、プロ野球などの日程に影響を与えないよ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです