メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

読書感想画コンクール・特別審査員賞に尾木ママがアドバイス「やりたいことだけやって」「ずる賢くなって」

山形県米沢市松川小3年の松崎心春さんが描いた作品。「さとやまさん」(アリス館)を読んで、家から温かい光がこぼれる情景を描きたいと思ったという=提供写真

 「尾木ママ」の愛称で知られる教育評論家の尾木直樹さんが、「第30回読書感想画中央コンクール」(全国学校図書館協議会、毎日新聞社、実施都道府県学校図書館協議会主催。文部科学省、実施都道府県・横浜市・名古屋市・大阪市各教委、全国造形教育連盟後援。凸版印刷協賛。大和証券グループ特別協力)の特別審査員を務めた。今回は節目となる30回目ということで尾木さんが選考する「第30回記念特別審査員賞」が設けられ、山形県米沢市立松川小3年の松崎心春(こはる)さんが受賞した。

 写真絵本「さとやまさん」(工藤直子・文/今森光彦・写真、アリス館刊)を読んで「きれいな冬の夜」を描…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです