連載

必聴!

鑑賞の達人がお薦めする注目公演を、聴きどころとともに紹介します。

連載一覧

必聴!

「弾き振り」でベートーヴェンの傑作に挑む

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ベートーヴェンの協奏曲2曲を弾き振りする渡邉康雄
ベートーヴェンの協奏曲2曲を弾き振りする渡邉康雄

 ピアニストの渡邉康雄が、3月17日、オーケストラ・アンサンブル金沢とベートーヴェンの1番、5番の協奏曲を協演する。ピアノソロを弾きながら指揮をする「弾き振り」による演奏で「ベートーヴェン音楽の神髄に迫りたい」と意気込む。【野宮珠里】

 渡邉は指揮者・渡邉暁雄の長男として東京で生まれ、72年にピアニストとしてデビューし、以後国内外で活躍。一方、父・暁雄が創立指揮者である日本フィルハーモニー交響楽団をはじめ、東京都交響楽団、京都市交響楽団などを指揮し、神戸室内合奏団の常任指揮者も務めるなど、指揮者としても精力的に活動してきた。

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1021文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る