メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(58)果たされなかった巨匠の来日

カール・リヒターの追悼演奏会となった81年ミュンヘン・バッハ合唱団、同管弦楽団来日公演のプログラム=筆者蔵

「バッハの伝道師」リヒターの招請

 1981年5月7~21日、新芸術家協会(西岡芳和社長)の招請でカール・リヒター率いるミュンヘン・バッハ合唱団、同管弦楽団の12年ぶりの来日が予定されていた。計13回の演奏会のうち東京の4公演は、「第4回東京音楽芸術祭」の一環で、会場はNHKホール、東京文化会館、昭和女子大・人見記念講堂(2回)といった「大箱」だった。「バッハの伝道師」といわれたリヒターとその手兵の久々の来日は音楽祭の目玉であり、西岡も興行師としての勝算があったに違いない。

 実際、69年の初来日は伝説的な成功を収めたようだ。日生劇場、朝日新聞社の主催で、バッハの「ロ短調ミ…

この記事は有料記事です。

残り2387文字(全文2676文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです