メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
WEB CARTOP

約10年後は全体の65%に! スポーツハイブリッドi-MMD生産現場で見えたホンダの電動車戦略

情報提供:カートップ

約10年後は全体の65%に! スポーツハイブリッドi-MMD生産現場で見えたホンダの電動車戦略

現在3タイプのスポーツハイブリッドシステムをラインアップ

 ホンダが「スポーツハイブリッドi-MMD テクニカルワークショップ&エクスペリエンス」というイベントをメディア向けに開催した。2018年に登場した新型モデルのCR-Vやインサイトに採用されている「スポーツハイブリッドi-MMD」について、開発ロードマップの解説、エンジニアとのディスカッション、搭載車の試乗、モーターなど主要部品の生産工場の見学という中身の濃いイベントだ。

ホンダ

 まずは、ホンダの電動車に関するテクノロジーとして、いまi-MMDが注目の理由など、本田技術研究所の次期社長(現:副社長)の三部敏宏(みべ・としひろ)さんがプレゼンテーションをした内容からお伝えしよう。

 そもそもの情報として、現在のホンダは3種類のスポーツハイブリッドを持っている。アルファベットだけでいえばフィットなどコンパクトカーが積む「i-DCD」、今回のメインテーマである2モーター式の「i-MMD」、そしてレジェンドやNSXが採用する「SH-AWD」となっている。従来は1モーターと7速DCTを組み合わせたi-DCDの搭載車が多かったが、前述したように最近はi-MMDの採用車が多くなっている。

ホンダ

 その背景にはすごいスピードで進む、世界的な電動化トレンドがあるという。三部さん自身も「予想以上のスピードで進んでいる」という電動化トレンド。例えば2017年のホンダは、グローバル販売のうち4%がハイブリッド(HEV)に過ぎないのだが、今の勢いで進むと2030年には65%が電動車(EV、FCV、PHEV、HEV)になるというロードマップを描いている。HEVとPHEV(プラグインハイブリッド)だけで全体の50%を占めると予想しているほどだ。

ホンダ

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです