メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

部活動

指針、65市区町村守らず 16都道府県でも スポ庁、順守要求へ

 全国の65市区町村がスポーツ庁の運動部活動に関するガイドライン(指針)で上限が示されている活動時間より緩い基準を設けていることが、同庁の調査で判明した。市区町村はほとんどの公立中学校を管轄しており、1時間長く設定したなどの例があった。同庁は「指針の形骸化につながる」として、来月にも順守を求める通知を出す方針を固めた。【伊澤拓也】

 部活動については以前から、長時間練習が生徒のけがや教員の長時間勤務につながっているとの指摘があった。このため同庁は昨年3月、1日の活動時間を平日2時間、休日3時間までとした上で、休養日を平日と土日各1日以上の週2日以上とする指針を全国に通知。指針に基づいて中学校と高校の部活動方針を策定することを、自治体などに求めた。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです