メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮想通貨

疑惑取引7000件超 届け出浸透か 昨年、警察庁まとめ

 ビットコインなどの仮想通貨がマネーロンダリング(資金洗浄)や違法取引に使われた疑いがあるとして、仮想通貨交換業者が国に届け出た不審な取引は昨年1年間で7096件に上った。警察庁のまとめで判明した。669件だった2017年(4~12月)の10倍超にあたる。同庁は17年から始まった届け出制度が業者の間で浸透したためとみている。

 仮想通貨はインターネット上で取引され、容易に海外へ資金を移せるのが特徴だ。国によって規制が異なり、…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 編集部のよびかけ 女性天皇 認められるか ご意見募集

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです