メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

地域の防災リーダーへ 旧校舎が震災遺構、気仙沼向洋高生 体験伝承学習へ広島や神戸訪問 /宮城

 東日本大震災で被災した旧校舎が震災遺構として3月に開館する気仙沼向洋高校(気仙沼市)で、生徒たちが震災の教訓を学び、地域の防災リーダーを目指す取り組みを始めた。震災後、高台の仮設校舎で授業をしていた同校は昨夏、旧校舎のある同市階上地区に新校舎が完成し、仮設から移転した。津波被害の大きかった地区に7年ぶりに戻ったのを機に、生徒たちは地元住民と連携を深めながら、震災を後世に伝え、災害に強いまちづくりを探っていく。【新井敦】

 震災の日、同校は午前中で授業が終わり、午後は約170人の生徒が部活動などで残っていた。地震発生後、…

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1195文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです