メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙区の構図

’19統一地方選/上 県議選 宇都宮・上三川 少数激戦に 足利は戦後初、無投票の公算 /栃木

 県内で春の統一地方選のスタートになる県議選の告示(3月29日)まで約1カ月となった。今回の統一選では第1ラウンドの県議選が4月7日、第2ラウンドの芳賀、上三川町長選と5市5町の議員選挙が同21日にそれぞれ投開票される。予想される立候補者の顔ぶれや構図を探った。

 ◆宇都宮市・上三川町(定数13)

 前回、前々回は定数を大きく上回る激しい選挙戦となったが、今回は現時点で14人(現職11人、元職1人、新人2人)が立候補を表明しており、少数激戦が予想される。

 自民は現職の螺良(つぶら)昭人氏(59)=5期目▽五月女( そうとめ )裕久彦氏(66)=4期目▽…

この記事は有料記事です。

残り1013文字(全文1290文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです