メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深掘りちば

GAP認証広がるか 大口取引先増加、経営はプラス/取得、更新費用に多くが尻込み /千葉

 農産物の安全性を保証するため、第三者機関から与えられるGAP認証。国内だけでなく世界でも食の安全が強く求められる中、2020年東京五輪・パラリンピックの選手村で提供される食材の調達基準にもなっており、認証は生産者の取引を有利にする。だが、認証を取得している県内の生産者はまだ少ない。認証の効果をどのように実感しているのか。取得した農家を取材した。【町野幸】

 富里市十倉で小松菜を栽培している「斉藤農場」のハウスで、葉がピンと張った小松菜が青々と茂っていた。…

この記事は有料記事です。

残り1105文字(全文1334文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ大統領「貿易交渉で大きな進展」 ゴルフ・昼食時に首相と協議か
  2. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  3. 安倍首相が“速報ツイート”「同盟、さらに揺るぎないものに」 トランプ氏とのゴルフ終了
  4. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  5. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです