ブッポウソウ

巣箱を作り観察 天竜小児童 /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 天竜村の村鳥で県天然記念物に指定されているブッポウソウを見守ろうと、村立天竜小の児童が巣箱を作製した。巣箱は4月から村内の天竜川や支流にかかる橋の欄干などに設置され、5月ごろに南方から飛来するブッポウソウの営巣を観察するという。

 同小の全児童18人が2人1組になって作製。経験のある高学年が低学年の…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文330文字)

あわせて読みたい

注目の特集