メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

化学物質過敏症

中3・馬場さん、テレビ電話で授業参加へ うれしい!自宅で仲間と学べる 京丹後 /京都

テレビ電話で授業に参加できることになり、喜ぶ馬場真澄さん(左)と貴洋子さん=京都府京丹後市丹後町谷内で、塩田敏夫撮影

 京丹後市立丹後中3年の馬場真澄さん(15)がテレビ電話を通じ、3月6日から自宅で授業に参加できるようになった。化学物質過敏症で登校できない状態が続いていたが、「卒業までのわずかな時間でも中学校時代の思い出を作りたい」と強く希望。学校がその思いを受け止め、市教委に必要な機材を要望した。3月14日の卒業式に向けた歌の練習などに同級生と一緒に取り組む。市教委によると、病気のため長期間休んでいる児童・生徒のためにこうした対応をするのは初めて。

 化学物質過敏症は、わずかな化学物質に過敏に反応し、頭痛や吐き気、不眠などさまざまな体調不良を引き起こす病気。原因は未解明で、特効薬がないため養生するしかないという。

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢の医師が相次ぎ死亡 当局が表彰、子どもの受験優遇も

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

  5. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです