メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日紙上書道展

今年度3回目 優秀賞に30点 /和歌山

 2018年度第3回「毎日紙上書道展」(毎日新聞和歌山支局主催)の優秀賞と佳作が決まった。応募総数は、幼児・小学校低学年から一般までの5部門で計638点。毎日書道展会員などの審査員が優秀賞30点と佳作194点を選んだ。審査員の講評とともに優秀作品を紹介する。(敬称略、佳作入賞者氏名は3月2日、年間最優秀賞の作品は同14日に掲載予定)

     ◆講評

    気持ちの入った元気で力強い線

     【幼児・小学校低学年】今回もたくさんの出品ありがとうございます。狭(せま)き門を突破(とっぱ)した6作品は、いずれも秀作(しゅうさく)ぞろいです。子供らしい元気で力強い線の作品は好感(こうかん)がもてます。手だけで書くのではなく、身体を大きく使い、一気に書きあげた気持ちの入った作品は見る人を引き付けます。(評・坂本學然)

    運筆が大きく、線に伸びある

     【小学校高学年】今回は198点の応募があり、その中で優秀賞は6点と厳しい審査でした。選ばれた作品は運筆が大きくて線に伸びがある。余白の残し方を工夫している。名前まで気を抜かず書いている等と感じました。3月に県民文化会館で展示されます。楽しみですね。(評・中村汀花)

    行書作品は筆圧強弱をリズムで

     【中学校】たくさんの練習量で筆遣いを習得している行書作品や、豊かな発想でとらえた臨書作品が選ばれました。行書作品は、しっかりと練習して筆圧の強弱をリズムでとらえると見応えある作品になります。次回も書きこんだ個性ある作品を目指してがんばりましょう。(評・朝川龍雲)

    字形や点画の形、古典の趣とらえ

     【高校】出品点数は少ないもののよく書き込まれた力作が多く寄せられました。今回は字形や点画の形など古典の特徴的な趣をとらえた作品が入賞しています。用筆や線質の違いに目を向けていくことで表現の幅が広がります。臨書には「臨」を書き入れるようにしましょう。(評・相奈良仁耀)

    究極は自己投影、それぞれに個性

     【一般】今回は比較的、自運作品が多かったのがトピックです。鍛錬方法としては臨書が一番ですが、書の究極は自己の投影にあります。従ってそれぞれに個性の盛られた爽やかで風通しの良い作品や、密度の濃い豪快な作品が選ばれました。どうです。みんな違ってみんないい。でしょ。(評・角岡竹石)


    幼児・小学校低学年 湯浅町・鈴木智絵

    幼児・小学校低学年 海南市・古田華乃

    幼児・小学校低学年 海南市・丸井優

    幼児・小学校低学年 有田市・落合莉望

    幼児・小学校低学年 海南市・田中美羽

    幼児・小学校低学年 海南市・浜松仁平

    小学校高学年 海南市・玉置美羽

    小学校高学年 海南市・前山穂果

    小学校高学年 和歌山市・福本拓也

    小学校高学年 有田市・玉置あい

    小学校高学年 有田市・間瀬釉加

    小学校高学年 美浜町・新枦はるな

    中学校 日高町・中村公馨

    中学校 東京都・横田茉鈴

    中学校 有田市・秋竹環

    中学校 名古屋市・尾藤ななみ

    中学校 海南市・種治亜侑菜

    中学校 日高町・三好希愛

    高校 海南市・榎本絢

    高校 海南市・土田楓

    高校 和歌山市・梶本穂奏

    高校 有田川町・深瀬奈々

    高校 有田市・小西梨々花

    高校 湯浅町・太田和希

    一般 和歌山市・坂口道子

    一般 紀の川市・山本葉子

    一般 岩出市・尾寅千枝子

    一般 湯浅町・太田旭美

    一般 京都府・大矢淳基

    一般 兵庫県・熊谷いちの


    2019年度第1回作品募集 5月17日締め切り

     2019年度第1回毎日紙上書道展の作品を募集します。毎日書道展の会員らが審査し、優秀作品は紙上で発表します。作品は毎日新聞の電子媒体に掲載されることがあります。応募要項は次の通りです。

    【課題】自由

    【作品規定】半紙は縦向きで、文字は縦書きに限ります。出品は無料で1人1点。幼児・小学校低学年▽小学校高学年▽中学校▽高校▽一般-の5部門。作品は返却しません。優秀作品には賞状を送ります。

    【締め切り】5月17日(必着)

    【注意事項】作品の裏に鉛筆書きで、氏名▽学校名▽学年(一般は「一般」と)▽郵便番号・住所▽電話番号--を記入してください。

     書道教室や学校など5人以上の団体で応募する場合は、作品の裏に鉛筆で、教室・学校名と通し番号(例・毎日教室なら「毎日(1)」)を書いた上で、名簿を添えてください。名簿には、作品に対応する通し番号▽氏名▽学年▽郵便番号・住所--を記入して下さい。また、団体名▽責任者の氏名▽住所▽電話番号--もご記入願います。

    【送り先】〒640-8154 和歌山市六番丁5 和歌山第一生命ビル4階、毎日新聞和歌山支局(073・431・1411)。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    3. 男性2人刺され死亡 逃げた男を警察が確保 名古屋
    4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    5. 芸能界と反社会的勢力 根深い関係、どう断ち切る 吉本「闇営業」問題

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです