メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ推し!

島根 民俗行事「とろへい」 島根県飯南町 清めの水浴び、子が歓声 家々に招福ワラ馬配る /中国

清めの水から逃げる子どもたち=島根県飯南町で、山田英之撮影

 「キャー」「めちゃくちゃ水がかかった」--。冬の夜、集落に歓声が響く。島根県飯南町に伝わる民俗行事「とろへい」は、子どもたちが使者となって家々を回り、ワラで作った馬の人形を配って新春の福を届ける。その来訪を祝って、住民は清めの水を子どもたちに浴びせる。清めの水がかかった子どもは、健康に一年を過ごせるといわれる。【山田英之】

 とろへいは「年の最初の満月の夜に福の神が降臨し、人々に祝福を与える」という言い伝えに基づく行事。中国地方の山間部を中心に伝承されている。

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 被害者に落ち度はない 性暴力撲滅のための教育を

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  4. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  5. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです