メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶・岡山

経済 多角化で守った工場 三菱自動車の下請け「柔軟な考えで挑戦」 /岡山

事業の多角化に向けて導入した加工機を前に平成の30年間を振り返る中山光治さん=岡山県倉敷市児島小川1で、高橋祐貴撮影

 「この30年間でうれしかった記憶って意外と少ない。山あり谷ありで、『平成』は私にとって試練の時代だった」

 三菱自動車(東京都港区)の1次下請けで、エンジンや外装などの金型を製造する「中山鉄工所」(倉敷市児島小川1)。20人ほどの従業員が働き、戦前から続くこの会社の3代目社長、中山光治さん(53)はそう振り返った。

 三菱自の国内主力工場・水島製作所(倉敷市水島海岸通1)が立地する県内は、三菱自に部品を納入する下請…

この記事は有料記事です。

残り1631文字(全文1839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  5. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです