メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブンタン

魅力PRへ 四万十市の作業所「きっと」、幡多農高と大福製作 /高知

「文旦マフィン」と「文旦の大福」=高知県四万十市駅前町の共同作業所「きっと」で、上野力撮影

 四万十市駅前町の共同作業所「きっと」(石井由香所長)が27日、「文旦の大福(2個入250円)」の販売を始めた。同市古津賀の県立幡多農高が、ブンタンの美味しさを広めるために行う「文旦プロジェクト」と協力して実現した。

 商品は同高のレシピを参考に開発。昨年から販売するマフィンには同高が作る「文旦ジャム…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文375文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 萩生田文科相「臨時休校の期間や方法、学校設置者で工夫を」 新型肺炎

  5. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです