メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎月勤労統計

不正調査 隠蔽、組織も個人も否定 「無関心で問題放置」 追加報告書

 「毎月勤労統計」の不正調査問題を再検証していた厚生労働省の特別監察委員会は27日、追加の調査結果を公表した。一連の不正について、1月の最初の検証と同様、組織的にも個人的にも隠蔽(いんぺい)は認められなかったと結論づけた。長年にわたり不正が続いた背景に、職員の公的統計の意義や重要性に対する意識の低さがあったと指摘した上で、「幹部職員の多くが統計に無関心で、問題を放置したのは、厚労省の組織の姿勢を象徴している。省全体の責任は極めて大きい」と批判した。

 監察委の樋口美雄委員長(独立行政法人労働政策研究・研修機構理事長)から追加報告書を手渡された根本匠…

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 事件後に25万円引き出される 奈良・橿原男性焼死 アパート住民と連絡取れず

  4. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです